MENU

目の疲れをためない

目

眼球を鍛える

老眼は、遅かれ早かれ誰にでも現れる症状ですが、予防をすることによって老眼になるのを遅らせることは可能です。また、近くのものが見にくくなったり、眼精疲労が続く場合は初期老眼のサインですが、早い時期に予防を講じることにより、進行を遅らせたり、改善することができます。老眼予防の第一歩としては、目の疲れをためないことが第一です。デスクワークをする時は、1時間に1回は目を休めるための休憩を取るほか、温タオルを目に当てて目の周辺の筋肉をリラックスさせるようにしましょう。また、3Dアートを見るのも、目の疲れをとるのに最適だとされています。次に、ピントを合わせる能力を維持するために、眼球を鍛えることも大事です。顔は動かさずに眼球だけを上下左右の4方向に動かし、それぞれの位置で2秒ほど制止させます。目をぐるぐる回したり、目をぎゅっとつむって瞬きをしたりするのも、眼球を鍛えるトレーニングとして有効です。そして、バランスのとれた食生活も、老眼予防には必須となります。アントシアニンやルテイン、コエンザイムQ10などは、眼精疲労を回復する作用があり、老眼になる速度を追染めてくれます。ブルーベリーやブロッコリー、豆製品などに含まれていますが、サプリメントで摂取するのも良いでしょう。これらの方法を実践している人の口コミでは、初期の老眼を改善できたり、50代になっても老眼鏡いらずだったりなどの声も聞かれます。若々しい視力を保つために、できることから始めてみましょう。