MENU

手元が見え難くなる前に

検査

目の若さを保とう

年齢を重ねれば手元の物が段々見え難くなりますが、概ね40才前後から老眼を自覚し始める場合が多くなっています。ですがちょっとした工夫で老眼を先延ばしにしたり、予防もできたりしますから、日々実践しておくのが得策です。効果的な予防のため、先ず老眼の仕組みを知ることも重要ですが、この症状はピントを合わせる目の機能低下に由来します。遠くの物を眺める場合、目は筋肉を緩めて水晶体を平たくし、手元の物を見る時は筋肉を縮めて水晶体を厚くします。ところが老化によって筋肉の収縮力が弱まり、至近距離でピントを合わせ難くなるのが老眼の正体です。そこで老眼を予防するためには、ピントを調節する目の筋肉を衰えさせないことがポイントになります。簡単な方法では、近くの物と遠くの物を数秒ずつ、交互に見るという方法があります。例えばご自分の親指などを2、3秒間見つめ、次に窓の外を2、3秒間眺めるなど、たったこれだけの動作でも、それなりの効果を望めることから評判です。このほか目に良いサプリを活用して、体の内から予防に取り組むことも魅力的な方法となっています。特に着目すると良いのがルテインという栄養素で、ポリフェノールの仲間であるこの成分は、抗酸化能力に優れるのが強みです。細胞の酸化は体の老化を意味しますので、それを抑えるルテインは、目の老化予防にも嬉しい成分として、近年口コミでも話題に上る機会が増えています。さらに現在では、スマホ由来の老眼症状が若者にも広がっているため、40代には程遠いと安心せず、早い内から老眼予防に取り組んでおくのが大切です。