MENU

老化現象に備えよう

女性

若くても安心できない

老眼とは老化による視力の減退のことをいいます。主な特徴としては近くのものが見えにくくなるというものがあります。老眼とは本来早ければ40代で起こりうるとされていました。ところが最近ではスマートフォンなどの普及でそれが早まっている傾向にあります。老眼予防を怠っている生活環境では30代で老眼と同じような症状が起きたということもあります。これには先に述べたような電子機器の普及による影響が強いとされていますがそれだけではありません。現代人の「視界」というのは非常に刺激的なものになっているのです。あらゆる光線や色に目が疲れてしまうことが原因なのです。そもそも老眼とはどういったメカニズムで起こるのかという説明をしましょう。眼球には水晶体という部分があります。これは目に入ってくる映像の光の量を調節する働きを持っています。これによってピントが合う、合わないという事態が起こるのです。老眼とはこの水晶体をコントロールする筋肉が衰えてしまうことによって起こります。水晶体が厚くなるような筋肉の働きが望めなくなるのです。よって近くのものが見えにくいというようなことが起こります。老眼の予防とは、平たく言えばこの筋肉に対するいたわりのことを指すのです。老眼の特徴には「近くのものが見えにくい」というようなことのほかにもあります。例えばテレビやスマホの画面を見た後に強い肩こりや頭痛を感じた場合も老眼の疑いがあります。他にも、動いているものピントが合いにくいというのもそれだといわれています。そういった環境からなるべく離れることが老眼の予防になります。これらに加えてサプリメントや目薬を使って目をいたわってあげるとより良い予防になります。