MENU

長く健康でいるために

メガネ

目を休ませましょう

一般的に40歳前後から老眼が始まるといわれます。体も無理が効きづらくなり、白髪も増え始める頃なので、老化の初期症状が出たと思うと気分も落ち込んでしまいますね。生きている限り老化現象からは逃れられませんが、少しでも先延ばしにしたいものです。日常から老眼予防を心がけてみましょう。眼球内のピント調整を行う筋肉の衰えと、レンズの役割をしている水晶体の弾力が低下することが老眼を引き起こすメカニズムです。これらがスムーズに動きづらくなることでピント調整能力が落ち、特に近い場所が見えづらくなります。筋肉は同じ姿勢を続けると凝り固まります。目の筋肉も肩こりと同じです。長時間同じところを見続けることは避け、適度に遠くを見るなどして視点の変更を行いましょう。目をぎゅっと閉じて開く、眼球を上下左右に動かすなどのストレッチも取り入れてみましょう。疲れ目がひどい場合は、目薬やツボ押しなども効果的です。電子機器を使用する頻度が高い方は、ブルーライトカット・メガネを取り入れるのも疲れ目予防には良いですね。紫外線も目を傷めますので、日差しの強い日はサングラスで保護してください。目だけではなく、体の内部からの老眼予防もおろそかにはできません。食事や生活習慣に注意してみましょう。血行が悪いと筋肉は固まりやすくなります。適切な運動は血行を良くし、老廃物排出を促します。目に良いといわれる食材を多く摂る、不足分はサプリメントで補うなども検討してみてください。健康的な生活は、目のためのみならず他の病気予防にもつながります。